2007年12月17日

年金 受給 資格

DTPエキスパート認証試験は、社団法人日本印刷技術協会(JAGAT)が定めたDTPエキスパートカリキュラムをクリアする試験のことで、特級から3級まである。


DTPエキスパート認証試験は、年2回(3月、8月)実施され、筆記試験と課題制作の構成となっている。受験資格に制限はなく、受験料は2万円である。


DTPエキスパート認証試験には更新制度があり、受験後2年経ったら更新試験を受けることになっている。合格者にはDTPエキスパート認証証が発行される。さらに2回以上更新試験をクリアするとゴールドカードが発行され、更新数を星印で表記して質的保証という形をとっている。


DTPエキスパート認証試験は、教育システムとして位置付けられていることから、単に試験結果の合否を連絡するだけでなく、受験者全員の試験分析をできるかぎりフィードバックするように心掛けているそうだ。このため試験から合格発表までの期間を2ヶ月ほどとっているという。


全然不足でしょうか?
全然不足でしょうか?45歳、サラリーマン(勤続20年)です。妻(42歳)も同じ会社に勤めて(勤続20年)おり子供はいません。住居は一戸建てで、12年前に購入しました。預貯金は8千万円で、借金はありません。今、夫婦揃って会社を辞めて、夫婦とも75歳まで、仕事をせずに暮らすことは可能でしょうか?変わった病に冒されるといったようなことで計算できない出費は生じないものとします。ただ「家はこの先30年ももたないからそのための出費は○○円必要」といった計算はありです。ズバリ回答いただけなくとも、ヒントになる計算方法とか、夫婦の年金額はいくら位といったものでもありがたいです。ここでなく○○のサイトで訊いたほうが良いといった回答も歓迎です。宜しくお願いします。(続きを読む)



年金未払い11人分2437万円
読売新聞
青森社会保険事務局は14日、1985〜2003年の年金支払い手続きにミスがあり、年金受給資格のある11人に計約2437万円を支払わなかったと発表した。1 ...(続きを読む)



戦時中の船員保険、年金受給資格で社保庁が逆転敗訴
戦時中、船員保険に加入していたのに、記録がないとして厚生年金の受給資格を認めないのは不当だとして、石川県野々市町、桜井松雄さん(79)が、社会保険庁を相手取り、受給資格審査決定処分の取り消しを求めた訴訟の控訴審判決が28日、名古屋高裁 ...(続きを読む)



posted by 資格 IT2について at 03:55 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。