2007年12月16日

oracle 資格

「P2M資格制度」とは、プロジェクトマネジメント体系「P2M」に準拠した資格制度で、プロジェクトマネージャの育成および産業・組織の活性化を主な目的としています。


 P2M資格制度には4段階の資格があり、その受験資格は以下の通りです。


(1)プロジェクトマネジメント・コーディネータ(PMC):24時間以上の講習受講終了

(2)プロジェクトマネジメント・スペシャリスト(PMS):特になし

(3)プロジェクトマネジャー・レジスタード(PMR):PMS資格と3年以上のPM(プロジェクトマネジメント)実務経験

(4)プログラムマネジメント・アーキテクト(PMA):PMR資格と7年以上のPM実務経験


 P2M資格制度は、主にプロジェクトマネージャを目指す人を対象としています。P2M資格制度の資格試験の条件は、特に上位の資格については若干厳しくなっていますが、こうしたシステムによって優秀な人材を育てようという意図があります。



オラクルマスター シルバーの取得
オラクルマスター シルバーの取得PCの資格は、初級シスアドとoffice masterしか持っていません。今後の為に、オラクルの勉強をしたいと思っています。独学でも可能でしょうか?また、オラクルマスター シルバーを目指そうと思っていますが、お勧めの勉強方法&参考書・サイト等ありましたら教えて下さいm(__)m(続きを読む)




一時金から探る「取るべき資格」(ベンダー系)
ベンダー系資格の一時金平均支給額のランキングでは、シスコのCCIEが長らくトップの座を占めてきた。しかし今回は、ORACLE MASTER Platinum(データベース)がその座を奪取した。ORACLE MASTER Platinum(データベース)の一時金平均支給額は、前回の調査 ...(続きを読む)



タグ:oracle 資格
posted by 資格 IT2について at 22:02 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。