2007年12月14日

資格 通信教育

税理士とは、税理士法に定められる国家資格で、税務の専門家です。


税理士になるためには、まず税理士試験に合格して税理士の資格を取得する必要があります。その後税理士名簿に登録、税理士事務所所在地の税理士会に入会して、税理士としての仕事ができるようになります。


税理士は、税金関係のプロフェッショナルとして、納税者からの求めに応じて様々な仕事があります。


税理士は、税務署などに対して、納税者が税額計算や税申告、不服申し立てなどをする際の税務書類を作成することができます。またその際に、納税者の代理をしてあげることができます。


また税務署が納税者に対して税務調査をする際に、税理士はその場に立ち会って納税者に代わって答弁・陳述したりすることができます。


税理士は、納税者からの税金に関する疑問や相談に応じることも重要な仕事です。また税金に限らず、広く企業経営の相談をされることもあります。


また税理士は、税理士業務に付随して、決算書などの財務書類の作成、会計帳簿の記帳代行その他の会計業務もできます。



ニートの24歳です。恥を覚悟で相談したいです。
ニートの24歳です。恥を覚悟で相談したいです。働きたいです。でも何からやっていいのか分かりません。24歳という年齢がネックになりそうで怖いです。専門学校と通信教育ですが大学を卒業しました。自分に自信が持てない性格なんです。それに、気がとても弱いです。自分でも嫌になっちゃいます。22歳で通信教育の大学を卒業して就職しました。周りの方はとても親切にしていただきました。しかし、仕事は失敗が怖いので慎重にやり遅くなりがちでした。即戦力を求めている企業に迷惑をかけているなと毎日思ってしまいました。3ヶ月で退職してしまいました。親にも会社にも迷惑をかけてしまいました。自分が嫌になってしまいました。学校でも家でも迷惑をかけないようにしてきたのに最悪です。迷惑をかけるのが嫌なんです。自分で全てかかえこんでしまった結果です。正直同期で先輩方とため口で会話している同期が羨ましかったです。新人なので朝一番に行って掃除や整頓ぐらいしかやらなかったと思います。ようするに誰でも出来る事しかやっていないのです。世間の評価が最悪です。挨拶はきちんとやっていました。 学生時代は日商簿記検定2級を取りました。高校の時は第2種電気工事士を取りました。とりえの無い自分に自身を持つために頑張りました。でも、大学を卒業する人は毎日何時間も勉強して即戦力の資格や技術を身に付けているのですよね。 アルバイトはセブンイレブンで2年6ヶ月ぐらい週に5〜6日間毎日6時間ぐらいやっておりました。発注、品だし、接客、掃除、伝票整理などやっていました。コミュニケーションも職場の人とは取れていたと思います。 自分のマイナス思考の性格が嫌なんです。 働きたいけど面接でコケにされそうで。年齢がネックになりそうで。同世代と比べるとかなりの差が出てしまいました。 社会に出て苦労して仕事を覚えたいです。本音です。出遅れ多分取り戻さないといけないと思います。 具体的にどんな行動をすればいいのでしょうか?ジョブカフェとか行けばいいのでしょうか? 24歳だと即戦力じゃないとまずいですか? (続きを読む)




冷凍空調技士
(5)(社)日本冷凍空調学会通信教育を、別に定める優秀な成績で修了し、 通算2年の実務経験のある者。 第二種 (1)実務経験及び学歴は 問わない。 但し、合格後、技士認証される時には、通算2年の実務経験が必要。 ...(続きを読む)



posted by 資格 IT2について at 13:34 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。