2007年12月12日

建築士 資格

NACSE認定試験とは、全米の非営利団体NACSEによって実施されている、ネットワーク知識とネットワーク技術の理解度を測る試験です。真のITプロフェッショナルの育成を目的としています。


NACSE認定試験の受験資格は特にありません。また試験は段階的に設けられていて、受験するレベルによって試験数が変わります。試験は主に、ネットワーク認定とWebマスター認定に分かれています。


NACSE認定試験はコンピュータによる試験です。合否は即わかります。受験コースによって、試験問題は50〜65問、制限時間40〜60分と様々です。合格基準は正答率70%以上とされているようです。


NACSE認定試験料は各10,500円となっています。受験については下記のホームページで。

http://www.cbta.jp/exams_info/nacse.html


建設業の待遇(会社の規模と最終学歴)
建設業の待遇(会社の規模と最終学歴)建設業で大手5社ってありますよね?給与面、労働条件の面で待遇は準大手とどうかわるんですか?大違いですか?よくここで低賃金、労働時間12時間近く、土日出勤当たり前のような書き込みを見ますがそれは大手でもそのような条件なのか不安です。今年高専の建設専攻科卒業(22歳)なのですがこれから就職と進学でホントに悩んでいます。自分で決めなければならないことなのですが・・・。専攻科からの就職なら準大手〜大手の就職は保証されています(現場監督として)が国立大(広島大学等)に進学すればそれは保証されていない気がします。保証というのもオーバーですけど。高専卒と大学院卒だったらやはり大学院卒の方が待遇はいいものになりますよね?質問がまとまってなくてわかりにくいかもしれませんが回答よろしくお願いいたします。(続きを読む)



構造・設備一級建築士の必要数確保へ/国交省が講習スキーム
日刊建設通信新聞 (会員登録)
また、4年の実務経験がある建築設備士に一級建築士の受験資格を与えることで、多くの設備設計従事者を一級建築士に取り込み、設備一級建築士を確保する。 ...(続きを読む)



防犯設備士
あわせて取得したい資格・・・1級建築士、2級建築士 建築設備関係の資格は、建築士に対して、高度化、複雑化した建築設備の設計及び工事監理に関する適切なアドバイスを行える資格者として位置付けられていますが、実際には、1級建築士、2級建築士の資格 ...(続きを読む)



posted by 資格 IT2について at 13:35 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。