2007年12月12日

司法書士 資格

ターボリナックス認定エンジニア(Turbo-CE/Turbolinux Certified Engineer)とは、Linuxエンジニアのためのベンダー資格で、Linuxに関するスキルを問うものです。


 ターボリナックス認定エンジニアの試験問題としては、Linuxやオープンソースソフトウェアに関する基本的な知識を幅広く問われるものが多く、主に入門レベルのエンジニアを対象としています。よってターボリナックス認定エンジニアの難易度もさほど高いものではありません。


 ターボリナックス認定エンジニアの受験資格は特にありません。ターボリナックス認定エンジニアの試験のその他の詳細は、こちらを参照してください。


 Turbolinux オフィシャルサイト

http://web-old.turbolinux.co.jp/support/edu/turbo_ce.html



資格で独立開業
資格で独立開業資格の取得を考えています。候補は司法試験(弁護士)、公認会計士、司法書士、税理士、不動産鑑定士、行政書士、社会保険労務士、です。将来的に独立開業した場合、事業として成り立つのはどれですか?弁護士、公認会計士以外は成り立たないと複数の人から聞きました。資格取得の難易度は別として、そのほかの資格が立たない理由を教えてください。個人事業を興すことの大変さとしては、本質的にはすべて一緒だと思うのですが違うのでしょうか?業務の内容や適性は別途検討中ですが、取り急ぎ上記の点につき教えてください。(続きを読む)



生活保護受給を支援 県内の司法書士が無料相談の組織設立
中日新聞
女性には受給資格があったが、実際には受給していなかった。 ネットは9日に会員の司法書士15人が無料で電話相談に応じる「生活保護110番」= ...(続きを読む)



なぜ行政書士は、ネットの世界では食える資格だという意...
法科大学院制度ができ、弁護士は食っていけなくなり、行政書士は年収1000万稼ぐ人もいる、という意見を見たりもしました。 司法書士、弁護士、税理士など今まで高収入を狙えると言われた資格が、これからは食えない、厳しいという意見が言われる中、 ...(続きを読む)



posted by 資格 IT2について at 07:43 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。