2007年10月30日

事務 資格

電気工事士の資格を取得するには、電気工事士試験に合格しなければなりません。電気工事士には、第一種と第二種とありますが、どちらの試験も受験資格は特にありません。


第一種電気工事士の免状が交付されるのに実務経験年数が必要とされ、その実務経験を積むためには、第二種電気工事の免状を取得している必要があります。よって、第二種電気工事士試験を先に受験する方がいいでしょう。


第二種電気工事士試験は、筆記試験と技能試験があります。技能試験を受けるには、筆記試験に合格する必要がありますが、筆記試験免除される場合があります。それは前年度の筆記試験に合格した者、高校・高専・大学で電気工学課程を修めて卒業した者等です。


学科試験の試験科目は、

・電気に関する基礎理論

・配電理論及び配線設計

・電気機器、配線器具並びに電気工事用の材料及び工具

・電気工事の施工方法

・配線図

・一般用電気工作物の検査方法

・一般用電気工作物の保安に関する法令

となっています。出題方式はマークシートです。


技能試験は、材料選別試験と単位作業試験とあります。単位作業試験では、問題として出された配線図から、持参した工具と与えられた材料で実際に作業(作成)します。


高校1年の女子です。進路について悩んでいます。就職か進学かということと、3年生で
高校1年の女子です。進路について悩んでいます。就職か進学かということと、3年生で選択科目を選ばなくてはなりません。私は国語に興味を持っているので、大学の「日本文学科に進学して国語や文学を学びたい」と思っています。ですが大学卒業後の進路までも考えたときに本当にこれで良いのかと思ってしまいます。今の私は、勿論学んだことを生かせる仕事に就きたいと考えていますが学んだ文学を生かせる仕事は司書や国語教諭ほどしかないように思えます。司書という仕事には以前からとても興味を持っているため司書を目指して日文学科を希望しようと思いました。しかし司書は人気の高い職業でなかなか就けない仕事だと知りました。大学卒業後、数年間アルバイト生活をして司書になる人もいるそうです。私は大学卒業後直ぐに定職につきたいので司書という仕事は以上のことから難しいと思うようになりました。「学んだことは生かしたいのですが、卒業後きちんと就職することを優先したい」のです。ですから日文学科進学後在学中に秘書検定などの資格をとって一般の事務職に就職、というのが将来についての具体的な考えです。これについて高校の先生は、「結局、事務職に就くのにも関わらずわざわざ4年生大学(地元の大学で日文学科にある大学は4年生)に進学してまで文学を学ぶ」のは経済的に親に負担をかけるだけではないかというご指摘を受けました。先生の指摘は最もだと思います。そのこと踏まえれば就職するべきなのかなとも思いましたが今の自分に社会にでれる自信はまったくなく、やはり進学して勉強をしてから社会に出たいと思っています。そこまで分かっているのに進学してまで学びたいことというのは文学しか思いつかないのです。親は「地元の大学であれば自分で考えて好きなようにしなさい」と言ってくれています。迷っている自分が申し訳ないです。このような考えも気ままといわれてしまえばそれまでだと自覚しております。周りにこのようなことを相談できる人もいないため、アドバイスやご意見をいただけるととても嬉しいです。よろしくお願い致します。(続きを読む)



事務局がFA有資格者68人を公示
デイリースポーツ
コミッショナー事務局は22日、07年度のFA有資格者68選手を公示した。初取得は広島・新井貴浩内野手(30)、ロッテ・小林雅英投手(33)、薮田安彦投手(34)、日本ハム・金村暁投手(31)ら17選手。中日・福留孝介外野手(30)は今季導入された故障者 ...(続きを読む)



医療 事務 資格
医療事務の資格試験には、以下のものが挙げられる。 一つ目は「ケアクラーク」技能認定試験で、介護保険事務の 専門職に就くための試験である。ケアマネージャーが作成した ケアプランが円滑に遂行されるよう、関係機関やサービス事業者との ...(続きを読む)



タグ:事務 資格
posted by 資格 IT2について at 01:18 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。