2007年10月05日

年金 受給 資格

「LPI認定(Linux Professional Institute Certification)」とは、カナダに本部を置く国際的なNPO団体「Linux Professional Institute(Linuxプロフェッショナル協会)」が実施している世界共通のベンダーニュートラル資格です。


 LPI認定は「ベンダーニュートラル資格」であるがゆえに、ベンダーおよびディストリビューションを特定しない、汎用性の高いLinuxのスキルを示す資格となっています。

 Linuxに関しては、もちろんベンダー資格の保持者も必要とされているのですが、それに併せて「ベンダーニュートラル資格」を保持していると、そのエンジニアのスキルはより信頼性の高いものになります。そういった意味で、「ベンダーニュートラル資格」というものは貴重です。


 LPI認定は、Linuxの環境整備のスキルの認定を目的とした内容となっています。

 LPI認定は、3つのランクに分けられ、難易度の低い順に「レベル1(基礎)」「レベル2(中級)」「レベル3(上級)」が用意されています。


 こうした資格は、最終的にはレベル3を取得するのが望ましいのでしょうが、LPI認定の場合は、「レベル1(基礎)」だけでも需要は多いようです。


全然不足でしょうか?
全然不足でしょうか?45歳、サラリーマン(勤続20年)です。妻(42歳)も同じ会社に勤めて(勤続20年)おり子供はいません。住居は一戸建てで、12年前に購入しました。預貯金は8千万円で、借金はありません。今、夫婦揃って会社を辞めて、夫婦とも75歳まで、仕事をせずに暮らすことは可能でしょうか?変わった病に冒されるといったようなことで計算できない出費は生じないものとします。ただ「家はこの先30年ももたないからそのための出費は○○円必要」といった計算はありです。ズバリ回答いただけなくとも、ヒントになる計算方法とか、夫婦の年金額はいくら位といったものでもありがたいです。ここでなく○○のサイトで訊いたほうが良いといった回答も歓迎です。宜しくお願いします。(続きを読む)



生活重視の政策に総力
公明新聞
【年金、教育】太田代表は、年金記録問題については最後の一人までの救済、年金制度では受給資格期間の短縮などを主張。さらに、教科書検定問題に関する沖縄への配慮や、教職員増員なども訴えた。 【歳出削減】太田代表は、今後さらに歳出削減と税金のムダ遣い一掃を ...(続きを読む)



国民年金と基礎年金の種類について
次に「遺族基礎年金」についてです。 これは、被保険者または、老齢基礎年金の受給資格期間を満たした人が死亡した時に支給されます。 ただし、受給できるのは、死亡した人によって、生計を維持されていた子のある妻、または子です。 ...(続きを読む)



posted by 資格 IT2について at 13:35 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。