2007年10月05日

oracle 資格

「中小企業診断士」とは、「中小企業支援法(昭和38年法律第147号)第11条第1項」の規定に基づき、経済産業大臣により中小企業の経営診断の業務に従事する者として登録された人を指します。


 ちなみに、中小企業診断士は、「中小企業支援法」では以下のように位置づけられています。


1.中小企業者が経営資源を確保するための業務に従事する者

  (公的支援事業に限らず、民間で活躍する経営コンサルタント)

2.業務は「経営の診断及び経営に関する助言」

3.中小企業診断士試験は、法律上の国家資格


 中小企業診断士は、経営コンサルタント関係では唯一の国家資格であり、名称独占資格の一つでもあります。


オラクルマスター シルバーの取得
オラクルマスター シルバーの取得PCの資格は、初級シスアドとoffice masterしか持っていません。今後の為に、オラクルの勉強をしたいと思っています。独学でも可能でしょうか?また、オラクルマスター シルバーを目指そうと思っていますが、お勧めの勉強方法&参考書・サイト等ありましたら教えて下さいm(__)m(続きを読む)



Linuxサービス事業に参入するなど4つの重点施策でLinuxの普及を促進
ビジネスコミュニケーション
BLinuxに関する研修プログラムと認定資格の開設。高度な技術者の育成を目的に、Oracle Certification Programの一環として、新たな認定資格「Oracle Expert Program:Managing Oracle Database on Linux Certified Expert」を新設。 CLinux環境におけるシステム構築・ ...(続きを読む)



日本オラクル、専門性の高い認定資格「ORACLE MASTER Expert」
日本オラクル(新宅正明社長)は9月26日、オラクルの技術者認定資格「ORACLE MASTER」を拡充し、グリッド技術やLinux技術などの分野を深耕する、より専門性の高い認定資格「ORACLE MASTER Expert」を10月末から順次提供すると発表した。(続きを読む)



タグ:oracle 資格
posted by 資格 IT2について at 07:43 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。