2007年10月04日

資格の大原

中小企業診断士は、創業・ベンチャー、新分野進出、人材活用、資金対策・資金調達、知的所有権等々、中小企業が関わるありとあらゆることについてコンサルティングを行います。


 中小企業診断士として登録を受けるには、以下のいずれかの登録要件を満たす必要があります。


(1)中小企業診断士第2次試験に合格した後、3年以内に実務従事要件を満たすか、登録実務補習機関(2006年12月現在は「社団法人中小企業診断協会」)における実務補習(15日間)を受講し修了すること。

(2)中小企業診断士第1次試験に合格した年度及びその翌年度に、「独立行政法人中小企業基盤整備機構中小企業大学校」もしくは登録養成機関が開講する「中小企業診断士養成課程」を受講開始し修了すること。


基本情報技術者試験
基本情報技術者試験情報処理技術者試験の特例http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/it_siken.htmこの試験の解答がどう探しても見つからないのです。速報ではいろいろ資格の大原など多数掲載があったのですがさがしてます12月17日受験 基本情報技術者試験(続きを読む)




《新着》ATだけ!資格の大原 オンライン書籍販売
★アクセストレードだけ!★ ≪資格取得≫ 資格の大原 オンライン書籍販売 【基本...(続きを読む)



タグ:資格の大原
posted by 資格 IT2について at 21:26 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。