2007年09月08日

資格の大原

資格試験は数多くありますが、不動産関係の資格試験といえば、宅地建物取引主任者試験です。


不動産業(宅地建物取引業)を開業するには、国土交通大臣又は都道府県知事の免許が必要となってます。その免許は、事務所ごとに従業員の20%以上が宅地建物取引主任者でないと受けることができません。つまり宅地建物取引主任者は不動産業を行うためには、欠かすことのできない必須の資格といえます。


宅地建物取引主任者ができる仕事、というよりも宅地建物取引主任者にしかできない仕事というのは、次のとおりです。

・契約成立前に『重要事項(物件の法律で定められた項目)説明書』に記名押印すること(宅地建物取引業法35条書面)

・重要事項説明書を、物件を入手しようとする当事者に交付して説明すること。この説明は、契約するかしないかの判断材料となります。

・契約が成立したあと遅滞なく両当事者(売主・買主)に交付する契約書面(宅地建物取引業法37条書面)に記名押印すること。


これらはいずれも不動産取引をする上では欠かせない業務なので、それだけ宅地建物取引主任者の資格は重要といえます。不動産関係の仕事につきたいなら、宅地建物取引業者試験で資格をとることを目指すといいでしょう。


基本情報技術者試験
基本情報技術者試験情報処理技術者試験の特例http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/it_siken.htmこの試験の解答がどう探しても見つからないのです。速報ではいろいろ資格の大原など多数掲載があったのですがさがしてます12月17日受験 基本情報技術者試験(続きを読む)




大原簿記 専門学校
(1)資格の大原 学園設置校等【北海道】 札 幌札 幌札 幌 資格の大原 簿記情報専門学校札幌校 資格の大原 医療福祉専門学校資格の大原 法律公務員専門学校【関東】 水道橋水道橋水道橋水道橋飯田橋池 袋立 川町 田府 中横 浜横 浜横 浜津田沼柏大 宮大 ...(続きを読む)



タグ:資格の大原
posted by 資格 IT2について at 14:55 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。